iPhoneの通話はなぜ録音できないの? 会話を保存しようと思ったとき使えるアプリ

通話

iPhoneで誰かと通話しているとき。

会話を録音したいというニーズがあると思います。

たとえば、片思いの相手からかかってきた通話。重大な仕事の用事。個人的な話…。

しかし、いくら待っても最新iOSには、録音機能がつきません。

なぜなのでしょうか?そして、どうしたらいいのでしょうか。

グローバルスタンダードなiPhone

録音

グローバル市場で売られているiPhoneは、そもそも「通話を録音してはいけない」という

法律がある国に対応するため、通話録音できなくなっています。

とくに、アメリカでは通話の録音が禁止されています。

プライバシーの侵害になります。

インターネットでは、「ボイスメモで録音できる!」と書いてあるホームページが散見されますが

実際のところは通話を録音できません。

やってみると、「ボイスメモ」を起動しても、通話がスタートするとアプリが止まってしまうのです。

この他にも、いくつか録音アプリを試してみましたが、すべて通話を録音しようとすると

アプリが落ちたり止まったりしてしまいます。

録音できない通話を無理にするには…

ボイスメモ

基本的に、iPhoneで通話録音はできないと考えたほうが無難です。

しかし、特殊なアプリを使えば、通話の音声をクリアに録音することができます。

『Call Recorder(*アプリ内課金あり)』『テレフォンピックアップ』『ボイスレコーダーBluetooth』などのアプリです。

これらのアプリをダウンロードして、使い方も簡単です。

この3つのアプリがおすすめです。

録音時の注意点

失敗

注意事項としては、第三者への録音提供などは相手の許可を得てからでないと

難しいということです。

同様に、インターネットに録音を勝手に公開するのも、プライバシーの面で支障が生まれかねません。

通話相手との関係を重視し、法律を守るのであれば、勝手に録音は避けたほうが無難です。

国によっては法律に触れること、勝手な公開も問題を引き起こすということを、しっかり注視して、

録音するなら絶対に、相手の許可を得るようにしてください。

そうしないと、そもそも反対の立場だったとき、大変迷惑を感じてしまいます。

トラブルになりそうなことは、最初からしないほうがいいでしょう。

そのために、iPhoneは標準で録音できないのです。

 

 

 

関連記事

目が心配なあなたへブルーライト特集!

世界中を震わせた「4分33秒」がアプリに!自分だけの「4分33秒」で差をつけよう

iPhone「超便利、画面録画!」

 

テルルではこんな記事も紹介しています

お役立ち情報の他の記事 →

▼テルル補償パック利用規約▼

テルル補償パック(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
テルル補償パック(イクス版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(イクス版) 利用規約 はこちら

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp