フリーWi-Fiに接続する危険性とその対策|対策しないと個人情報が流出!?

飲食店で仕事をしたり、ゆっくりとしたりする際は、施設で提供されているフリーWi-Fiに接続する機会が多いでしょう。しかし無作為にフリーWi-Fiに接続すると、個人情報流出の危険性もあると知っていましたか?

本記事では、フリーWi-Fiに接続する危険性とその対策を解説します。フリーWi-Fiに接続する機会が多い人には必見の内容です。

フリーWi-Fiとは?誰でも接続できるWi-Fi

フリーWi-Fiとは、カフェやレストランなどで提供されている誰でも接続できるWi-Fiのことです。お客さんがスマホやパソコンなどを使えるようにと、近年はさまざまな施設でフリーWi-Fiが提供されています。

無作為にフリーWi-Fiへと接続する危険性|個人情報流出にもつながる

インターネットを使う上で、個人情報流出に気を付けるのは今や常識です。しかしフリーWi-Fiへと無作為に接続していると、個人情報が簡単に抜き取られる恐れがあります。

フリーWi-Fiへの接続が個人情報流出につながりやすい理由は以下の2つです。

通信内容が傍受されやすい

フリーWi-Fiの中には、セキュリティ対策が十分になされていないアクセスポイントも多く存在します。セキュリティ対策が十分でないフリーWi-Fiは、専用の解析ソフトを使えば簡単に通信内容を傍受できてしまいます。たとえば入力したパスワードやカード番号なども、悪意のある第三者から狙われやすいです。

なりすましのアクセスポイントが存在する

フリーWi-Fiの中には、悪意を持って飛ばされるアクセスポイントも存在します、お店の名前に似せたアクセスポイントを作り、そこにアクセスした人をフィッシングサイト(詐欺サイト)へと誘導する仕組みです。フィッシングサイトで入力した個人情報が抜き取られたり、マルウェア(有害な動作をするソフト)をダウンロードさせられたりするケースも後を絶ちません。

フリーWi-Fiを安全に利用するための対策

フリーWi-Fiにはたしかに危険性がありますが、以下のような対策を実施しておけば安全に利用できます。

暗号化されているWi-Fiのみに接続する

暗号化されているWi-Fiとは、第三者が通信を傍受できないよう対策したWi-Fiのことです。暗号化されているWi-Fiには、ネットワーク名の横に鍵マークが付きます。

フリーWi-Fiに接続する際は、Wi-Fiが暗号化されているかどうかを必ず確認しましょう。

個人情報を含むやり取りをしない

接続するWi-Fiを選んでいても、セキュリティが脆弱なWi-Fiに接続してしまうことはあり得ます。万が一通信を傍受されたときのことも考え、フリーWi-Fi接続時は個人情報を入力するようなサイト(ログインが必要なサイトやショッピングサイトなど)にはアクセスしないようにしましょう。

「https」から始まるサイト以外にはアクセスしない

サイトURLに含まれる「https」は、端末とサーバー間の通信を暗号化している印です。逆にサイトURLが「http」で始まっていた場合は、通信が暗号化されていません。

近年は多くのサイトが「https」となっていますが、稀に「http」のサイトも存在します。安全性が担保されないフリーWi-Fiに接続する際は、サイトURLが「https」から始まることをしっかりと確認しましょう。

まとめ

フリーWi-Fiへの接続には、常に危険性があります。フリーWi-Fiに接続する際は、安全を担保するための対策が必要です。

安全にスマホやパソコンを使うためにも、フリーWi-Fiについてしっかりと理解しておきましょう。

 

テルルではこんな記事も紹介しています

お知らせの他の記事 →

▼テルル補償パック利用規約▼

テルル補償パック(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
テルル補償パック(イクス版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(イクス版) 利用規約 はこちら

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp