煩雑な管理を効率良くできる!パスワード管理ツールを紹介

パスワードの管理は結構面倒!

煩雑な管理を効率良くできる!パスワード管理ツールを紹介1

qwertyと聞いて、どんなイメージを思い浮かべますか?

単なるローマ字が4つ並んでいるであったり、何かの頭文字であると感じた方は、セキュリティという面では鈍感かもしれません。

実は、これはキーボードのローマ字配置で左上から右に6つを入力すると表示される文字です。

qwertyは、危険なパスワード設定の典型例として、頻繁に取り上げられています。

パスワードは、誰でも簡単に解読されるものを使用するのは危険です。

一方で、複雑すぎるものやランダムに文字設定すると、思い出せなくなって結局リセットすることも多いです。

そこで、パスワードを管理できるツールを使用すると、容易にパスワードを管理可能です。

ここでは、特におすすめしたいパスワード管理ツールを3つに厳選して紹介します。

1. Google パスワード マネージャー

煩雑な管理を効率良くできる!パスワード管理ツールを紹介2

Google パスワード マネージャーは、検索サービス大手のGoogleが手掛けるパスワード管理ツールです。

Googleでは、オリジナルブラウザであるChromeでも有名ですが、Chromeとの連系で様々なパスワードを手軽に管理できます。

煩雑な管理を効率良くできる!パスワード管理ツールを紹介3

また、Androidを搭載したスマートフォンなどのパスワードも、自動で管理してくれるのでとても便利です。

もしパスワードが変更になった場合も、Googleのパスワード管理機能で情報を編集できますし、Chromeで変更後のパスワードを入力すると、更新するかどうかを選択できます。

Googleアカウントにログインして使用する仕組みを採用しているので、その時点でパスワードの入力が必要なのでセキュリティ面も高くおすすめです。

2.LastPass Password Manager

煩雑な管理を効率良くできる!パスワード管理ツールを紹介4

LastPass Password Managerは、ブラウザの拡張機能として使用できるツールです。

SafariやChrome、Firefoxなどの主要なブラウザに対応しているのが特徴です。

Google パスワード マネージャーと同じイメージで、ブラウザに入力したパスワードをそのまま記録して、自動で入力してくれます。

煩雑な管理を効率良くできる!パスワード管理ツールを紹介5

セキュリティチャレンジという機能があり、設定したパスワードのセキュリティレベルを評価し、低い場合は最適なパスワードに設定してくれます。

LastPassのアカウントに多要素認証を追加しており、安心して利用できます。

AndroidとiOS向けのアプリ版もありますよ。

3.ID Manager

煩雑な管理を効率良くできる!パスワード管理ツールを紹介6

ID Managerは、ここまで紹介したツールとは違い、Windows版のソフトとなります。

ユーザーの方々の声をできるだけ反映させて開発されており、IDやパスワードの入力支援機能やパスワード自動生成機能といった、パスワード管理に便利な様々な機能を備えているのが特徴です。

URLを登録して、常にこのソフトからサイトを開く癖をつければ、フィッシング詐欺などにも有効です。

ソフトの場合、インストールしていないパソコンなどで使用する際に困りますが、USBメモリなどにID Manager本体ごと格納することで持ち歩くことも可能です。

最大10,000個までのID情報を登録可能であり、操作も容易で誰でも気軽に使用できます。

過信しすぎないことも重要

今回紹介したツールは、容易にパスワードを管理するために便利なものばかりです。

また、セキュリティ面も考慮されているので、比較的安心して利用できます。

ただ、完全に安全性を確保しているわけではないので、過信しすぎずあくまでも補助的に利用することをおすすめします。

テルルではこんな記事も紹介しています

アプリやってみたの他の記事 →

▼テルル補償パック利用規約▼

テルル補償パック(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
テルル補償パック(イクス版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(イクス版) 利用規約 はこちら

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp