自宅WiFiって何??

皆さんは自宅WiFiを使っていますか?

自宅WiFiを使ってはいないけど、使いたいと思っているそこのあなた!

今回は自宅WiFiの中でも2種類、光回線と据え置きのそれぞれが持つ特徴について、解説していこうと思います。

自宅WiFiを契約する際には是非参考にしてください。

詳しく知りたい方、ポケットWiFiを契約しようとしている方はぜひ参考にしてください。

どこが違うの?光回線を契約するタイプ

一重に光回線と言っても、光回線を通すだけでは足りません。

光回線ではルーターを経由してWiFiを飛ばす必要があります。

そのため、光回線を開通する設置工事をルーターの購入とは別途に行うことになります。

メリットとして特筆すべきは通信速度の速さにあるでしょう。

光回線からルーターを通す以外にロスがないため、据え置きタイプよりも通信速度は速くなります。

どこが違うの?据え置きタイプ

代表的な例としてはwimaxがあるでしょう。

無線のものであれば、基地局から電波を受信しているので、家のコンセントに刺して置くだけでWiFiを飛ばしてくれます。

よって、設置工事は必要なく、スマホとルーターを繋ぐ操作しか手間がありません。

その代わり、光回線ほどの通信速度はなく、通信制限がかかると一気に遅くなります。

手持ちWiFiの最大のメリットは、「どこにでも持ち歩ける」という点です。

例えば外で動画を見たい時でも手持ちWiFiがあれば、インターネットに接続することが出来ます。

また光回線のように回線工事をする必要はありません。

そのため「工事料金はかかりません。」

また固定回線に比べ「月額料金が安い」ことも手持ちWiFiの魅力と言えます。

まとめ

据え置きタイプは通信速度や制限の関係から一人暮らしなど、使用者が少ない場合では非常に使い勝手が良いでしょう。

また、光回線は手間がかかるものの、回線そのものの安定性や通信速度から見ると、家族などの複数人向けな自宅WiFiと言えます。

どちらかというと光回線の方が料金は高めですが、通信速度や安定性を求めるなら、光回線の方が快適にWiFi生活を過ごせるでしょう。

テルルでは、お客様からのご相談や用途に合わせたWiFiをご提案しております。是非店頭でご検討くださいませ。

☆自宅WiFiの他に手持ちWiFiについての記事もあります。そちらも是非ご覧下さい。

手持ちwifiって何?

テルルではこんな記事も紹介しています

お役立ち情報の他の記事 →

▼テルル補償パック利用規約▼

テルル補償パック(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
テルル補償パック(イクス版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(イクス版) 利用規約 はこちら

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp