特務機関NERVっていう防災アプリ何が凄いか調べてみた!

2019年の9月1日にリリースされた「特務機関NERV」。このロゴ見たことがある!と思った方も多いと思います。そうエヴァンゲリオンが好きな社長さんたちが作った真面目な防災アプリです。今回はこの防災アプリのどんなところがいいのかお伝えしていきます。

特務機関NERVとはどんな防災アプリ?

特務機関NERVっていう防災アプリ何が凄いか調べてみた!1

防災アプリといってもいろいろなものがすでにリリースされています。目を引くアプリのロゴはあのエヴァンゲリオンからきています。まさかこれが防災アプリとは思わないかもしれませんが利用する人にとって使いやすい防災アプリになっていいます。

防災と一口にいってもいろいろとあります。天気の情報は台風の予想や大雨、河川の氾濫などへの防災につながりますし、地震や津波、噴火、Jアラートなどなど様々で多岐にわたります。その情報を別々のアプリで受け取るのではなくこのアプリで受け取ることができます。

これ一つであらゆる防災情報を知ることができ慌てがちな災害時でも焦ることなく情報を確認することができるのではないかと思います。

ここが凄い!防災情報の配信が国内最速

特務機関NERVっていう防災アプリ何が凄いか調べてみた!2

この「特務機関NERV」のすごいところが国内最速レベルで防災情報を配信できるところです。防災や気象情報を気象業務支援センターというところに接続している専用線から直接受け取っており、情報の信頼性をもとに独自の技術で国内最速で配信できるようになっています。

このアプリをリリースしたゲルヒン株式会社は情報セキュリティ会社なのでユーザーのセキュリティをはじめ、プライバシーの収集をし過ぎないことにも注意しています。

 

バリアフリーデザインで誰にでも分かりやすいデザイン

特務機関NERVっていう防災アプリ何が凄いか調べてみた!3

防災情報の配信は国内最速であることもさながら、アプリ内のデザインにもこだわりがあります。防災情報を必要としているすべての人にとって見やすく、分かりやすいように細かくこだわっています。

色覚異常の方にも見やすい配色であったり、視覚や読字に障害のある方にも分かりやすいよう音声読み上げの機能もあります。

重要な情報はプッシュ通知される

特務機関NERVっていう防災アプリ何が凄いか調べてみた!4

持っているスマホが現在どこにいるか現在地を把握してあることで防災の場や緊急の度合いなどで通知の仕方を送り分けてあり通常は緊急の度合いが高くない限り利用しているユーザーの邪魔になることはありません。

緊急度の高い「重大な通知」はユーザーにとって危険が迫っていることをマナーモードやおやすみモード中でも強制的に鳴ってお知らせしてくれます。重大な通知がいらない場合はオフにすることもできます。

まとめ

今回は「特務機関NERV」の防災アプリをご紹介しました。防災アプリの数はいろいろとありますが一際、目を引くこのロゴ。国内最速で気象や防災情報を配信してくれるとなれば今から試してみることをオススメします。

注意したいのがこちらのアプリ、現在はiOSのみで配信されています。Androidには今のところ対応していません。防災情報を最速で知ることでその後の行動をどうするべきか判断するのに役立つアプリになるのを目的とされています。不安が多い現在、このアプリを助っ人として入れておくといいかもしれません。

DLはコチラから!

iOSでご利用の方

テルルではこんな記事も紹介しています

アプリやってみたの他の記事 →

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp