これは便利!認証データが引き継げる2段階認証アプリ「Authy」

これは便利!認証データが引き継げる2段階認証アプリ「Authy」1

セブンペイの不正アクセス事件が記憶に新しい今日ですが、あれはセキュリティ対策の「2段階認証」を導入していなかった事が原因で起きた事件と言われています(他の要因もあります)

このように、キャッシュレス化をはじめとする、様々なサービスがアプリやオンライン上に統合される中、セキュリティ対策の重要度が日々増しています。

しかも、これは決して大企業や他人事の話ではなく、個人ユーザーレベルでも必要なことで、今回は使い勝手の良い2段階認証アプリ「Authy(オーシー)」を紹介していきます。

強力なセキュリティ対策「2段階認証」とは?

これは便利!認証データが引き継げる2段階認証アプリ「Authy」2

スマホで金融系のアプリにログインしようとすると、SMSで数字のパスワードが送られてくる、、、これが最も典型的な2段階認証の仕組みです。

通常はIDとパスワードを「1度入力すれば」アプリ(またはサービス)にログインすることが出来ますが、2段階認証が設定されていると「もう1度パスワードの入力が必要」になります。

つまりはパスワードを2回入力(2回認証する)する必要があるセキュリティ対策を「2段階認証」と呼んでいます。

しかも、SMSなどで送られてくる、2回目のパスワードは「ワンタイムパスワード」と呼ばれており、1度認証に使用すると無効となるので、すなわち万が一使用済みのワンタイムパスワードが他人に漏れても、既にログインが出来ない状態になっています。

もちろん、ワンタイムパスワード自体を覗かれてしまう可能性はありますが、ユーザー本人のスマホにその場で通知されるものなので、悪意ある人間に直接スマホを覗かれない限りは、不正アクセスされる可能性は低いです(ほぼ不可能と言えます)

2段階認証アプリ「Authy」とは?

これは便利!認証データが引き継げる2段階認証アプリ「Authy」3

2段階認証の2回目の認証には、前述のSMSでパスワードを送信する方法の他に「2段階認証アプリ」を使用する方法があります。

2段階認証アプリとは、2回目の認証に必要なパスワードを自動生成してくれるアプリのことで、登録したアプリやサービスのワンタイムパスワードを自動的に作成・表示してくれます。

しかも、これらのワンタイムパスワードは、30秒だけ有効なパスワードです(30秒を過ぎると無効になります)

2段階認証アプリで一番有名なものは「Google Authenticator」で、ほとんどのアプリやサービスではこれを推奨しています。

ただし、例えばスマホの機種変更をする際に「Google Authenticator」では、認証データを引き継げない仕様になっているので、万が一そのまま機種変更をしてしまうと、ユーザー自身が対象アプリやサービスにログイン出来ない状態に陥ってしまいます(機種変更前に一度認証を解除→再設定する必要があります)

しかし、そこで登場したのが「Authy」で、アプリとしてはGoogle Authenticatorと同じ2段階認証アプリですが、認証データの引き継ぎが出来るのが最大の特徴です。

ちなみにAuthyは、iOSとAndroidに両対応している無料アプリです。

Authyの最大の特徴は「認証データが引き継げること」

これは便利!認証データが引き継げる2段階認証アプリ「Authy」4

Google Authenticatorのデメリットは、認証データを引き継げないことですが、Authyでは認証データをクラウド上に自動でバックアップしてくれます。

つまり、仮に2段階認証が必要なアプリやサービスを、Authyに何個か登録していても、そのままスマホを機種変更して問題ありません。

新しい機種にAuthyをインストールすれば、クラウド上から認証データを復元出来るからです。

近年はキャッシュレスアプリやオンラインバンキングなど、2段階認証を必要とするアプリやサービスが増えているので、機種変更の度にこれらの再設定をする手間を省く事が出来ます。

Authyの使い方について

これは便利!認証データが引き継げる2段階認証アプリ「Authy」5

Authyを始めて起動すると、まずはAuthyのアカウント作成が必要となり、これは画面の指示に従って進んでいけば問題ありません。

ちなみにAuthyは言語が英語のアプリですが、基本的な単語さえ理解出来ていれば、そこまで不便に感じる事はありません(分からない時はGoogle翻訳で)

Authyアカウントの作成が完了すると「SCAN QR CODE」と表示されるので、あとは対象アプリやサービスの2段階認証の設定ページにある「QRコード」を読み込めば認証が完了します(2回目以降は「Add Account」から読み込み)

たったこれだけの設定で、登録したアプリやサービスにログインする際に、Authyにワンタイムパスワードが表示されるようになります。

今回のまとめ

日常の様々なサービスが、アプリやオンライン上に統合されつつある現代では、自分の身は自分で守るという意味でも、必ず2段階認証を設定しておきましょう。

Authyであれば、スマホを機種変更しても、万が一紛失してしまったとしても、新しい機種で今まで通り2段階認証を使うことが出来ます。

DLはコチラから!

iOSでご利用の方 Androidでご利用の方

テルルではこんな記事も紹介しています

アプリやってみたの他の記事 →

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp