【最新】「iPhone Xs・Xs Max」実機レビュー!

発売間もない「iPhone Xs・Xs Max」速攻ファーストレビュー1

出典元:https://www.apple.com/jp/iphone-xs

2018年9月21日、ついにAppleの最新スマートフォン「iPhone Xs・Xs Max」が発売されました。

日本国内では、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアはもちろん、AppleStoreでSIMフリー版の「iPhone Xs・Xs Max」を購入する事もできます。

つい数年前までは、新型iPhoneの発売といえば、常に行列が付きもののお祭り騒ぎのイベントでしたが、予約販売が定着した現在では、静かなイベントになりつつありますね。

今回は、その静かに発売された新型iPhone「iPhone Xs・Xs Mac」の最新レビューをお届けしていきます。

「iPhone Xs・Xs Max」開封の儀と初見の感想

発売間もない「iPhone Xs・Xs Max」速攻ファーストレビュー2

出典元:https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-xs

これまで、4.7インチが主流だったナンバリングシリーズのiPhoneは、Xsで5.8インチに、プラスシリーズの5.5インチは、Xs Maxで6.5インチに大型化され、それはパッケージの大きさにも反映されていました。

今までのiPhoneよりも、明らかに一回り大きなパッケージは、正直若干の不安を感じてしまうものがあります。

それでも、意を決して開封の儀を執り行うと、中から出てきたのは、お馴染みの「Appleイヤホン・ACアダプタ・ライトニングケーブル・Appleシール」の5点セットと、やはりやや大きめに感じるiPhone本体でした。

しかし、実際に手に取ってみるとフィット感が抜群で、その美しいデザインはさすがAppleと言えるものでした。

正直、かなり大きいだろうと覚悟していたMaxも、縦長デザインのおかげでグリップは良好ですが、やはり「Maxはちょっと大きいかな」というのが初見の感想ではあります。

早速電源を入れてみると、明らかに今までのナンバリングiPhoneよりも美しい「有機ELディスプレイ」に釘付けになり、この時点で今までの液晶ディスプレイには戻れないと悟りました。

また、iPhone Xより大幅に性能が向上したと言われている「Face ID」に関しては、ほとんどXとの差を感じることは出来ず、今後のOSアップデートにより差が出てくるものと思われます。

「iPhone Xs・Xs Max」は全体的に大きめ

発売間もない「iPhone Xs・Xs Max」速攻ファーストレビュー3

出典元:https://www.apple.com/jp/iphone-xs

iPhone Xユーザーは違和感が無いかもしれませんが、ナンバリングシリーズのiPhoneから今回Xsに乗り換えるユーザーは、その大きさと重さに存在感を感じてしまうかもしれません。

これは、iPhone8では67.3mmだった幅が70.9mmに、7.3mmだった厚みが7.7mmと、ミクロの世界においては大幅なサイズアップをしているので、初見はやはり「大きい」と感じてしまいます。

しかし、実際はサイズ以上に重量が増加しており、iPhone8が148gだったのに対し、iPhone Xsは177gと、実に約30gの重量アップとなっています。

逆にXs Maxは、今までプラスシリーズを使っていたユーザーなら、それほど違和感を感じるサイズと重量ではなく、単純にディスプレイの大きさが拡大したという感想を持つことと思います。

どちらにしろ、iPhone Xs・Xs Max共に、片手だけの操作は難しい大きさになっており、特に、iPhone Xからの操作系統で、コントロールセンターや通知バーが画面上面からの操作に移行しているので、片手だけではどうしても指が届かず、これはOSのアップデートなどで、是非画面下からの操作にも対応して欲しいところです。

「iPhone Xs・Xs Max」はカメラ性能が確実に向上している

発売間もない「iPhone Xs・Xs Max」速攻ファーストレビュー4

出典元:https://www.apple.com/jp/iphone-xs/cameras

iPhone Xs・Xs Max共に採用しているデュアルカメラは、スペック的にはほぼiPhone Xと同じスペックですが、体感的にはかなり性能が向上しているイメージです。

これは、新たに搭載された「A12 Bionic」プロセッサの力が影響している可能性が高く、ベンチマーク上では、iPhone Xより15パーセントほど全体の処理性能が向上しています。

特に、人物の撮影が非常に綺麗に撮れるという印象で、特にiPhone Xs Maxは単純に画面が大きく広範囲をディスプレイできるので、集合写真が非常に撮りやすくなっています。

また、iPhone Xs・Xs Maxから新たに採用された「スマートHDR」により、全体的に写真の白飛びが緩和され、明るい場所では白に統合されがちな場面や、逆に暗い場所で明るい部分を撮影した時のディティールの荒さが改善されています。

なお、iPhone Xと外観上はほぼ同じiPhone Xsですが、カメラレンズの位置が微妙にXとは異なりますので、ケースの形状にもよりますが、残念ながら双方のケースの使い回しは難しそうです。

「iPhone Xs・Xs Max」はDSDSのデュアルSIMに対応

発売間もない「iPhone Xs・Xs Max」速攻ファーストレビュー5

発売前情報では、iPhone Xs・Xs Maxの売りの一つは「デュアルSIM」つまり2枚のSIMカードを同時に挿入できる機能でしたが、実際それは香港版のiPhoneだけの機能で、しかもそれは「iPhone XS Maxと、後に発売されるiPhone XR」だけに限られます。

それでは香港版の「iPhone Xs」と、日本版の全ての新型iPhoneにデュアルSIMが搭載されていないかと言われれば、その答えはNOで、実は「eSIM」というシステムが採用されてます。

eSIMとは、物理的なSIMカードに変わる電子SIMカード(一つの表現方法です)のことで、例えるなら、iPhoneの内部にSIMカードのプログラムが入っているようなイメージです。

つまり、香港版の「iPhone Xs」と、日本版の全ての新型iPhoneは、事実上は物理SIMカードとeSIMでのデュアルSIMシステムを採用しており、今後eSIMの取り扱いがどうなっていくのかは注目すべきポイントです。

現時点では、eSIMが利用可能な通信事業者は、海外10カ国の事業者に限り、日本国内キャリアは全て非対応となっているので、この辺りは朗報を待ちましょう。

仮に、国内でもeSIMの利用が可能になれば「iPhone Xs・Xs Max」に採用されているのは、2つのSIMの同時待ち受けが可能な「DSDSのデュアルSIMシステム」なので、例えばソフトバンクのSIMと格安SIMの同時待ち受けが実現可能になるかもしれません。

発売間もない「iPhone Xs・Xs Max」速攻ファーストレビュー まとめ

画面の大きさも、そして価格も大幅にアップした2018年の新型iPhone「iPhone Xs・Xs Max」は、明らかにAppleが今までのメインユーザー層とは異なる層にアピールしているiPhoneと言えます。

どちらかと言えば、ブランドイメージを高める高級路線の「iPhone Xs・Xs Max」と、のちに発売する普及路線の「iPhone XR」が揃った時の、Appleユーザーの反応が今から楽しみです。

 

関連記事

本日9月14日16:01~「iPhoneXS」予約開始

新型iPhone Xs, iPhone Xs Maxが登場!

全額返金キャンペーン?!テルル9月大抽選会!

iPhoneに元々入っている標準アプリについて ~その2~

iPhoneに元々入っている標準アプリについて ~その3~

iPhoneユーザー必見!iPhoneを格安スマホにする3つの方法とは?

意外と知られていない!Apple Payとクレジットカードの関係について

iPhoneがスマホ初心者にこそオススメな理由

テルルではこんな記事も紹介しています

サービス紹介の他の記事 →

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp