【かんたん】スマホで出来る動画編集|CapCutの使い方

CupCut(キャップカット)ってどんなアプリ?

Bytedance株式会社(バイトダンス)が提供する動画編集アプリです。近年、YouTubeやTikTokの流行により、動画編集を始めてみたいと思った方も少なくないと思います。

しかし、始めるにあたって、どのアプリを使ったらいいかがわかりませんよね。アプリによっては、PCでしか使用できないモノだったり、課金式のモノだったりなどが存在します。

おそらく、これから始める方で、「まずはスマホで無料で始めたい」と考えている方もいると思います。

そこで、今回は無料かつ、スマホで動画編集できるアプリCupCutを紹介します。

CupCutのメリット

ここでは、CupCutのメリットを5つ紹介します。

フィルターが豊富

動画編集をするにあたり、フィルター加工を使用したいと思う方が多いと思います。このフィルターで色合いを調節するだけで、ご自身がイメージしている雰囲気に近い動画を簡単に仕上げることができます。

このフィルターは種類が多く、「おすすめ」や「日本ドラマ」などのジャンルで種類分けされているので、自分のイメージしているものを探すといいでしょう。特に決まっていなくても、おすすめがあるので、自分のイメージに合ったフィルターを簡単に見つけられると思います。

また、調整機能もあるので、フィルターでは調整できない細かい部分の色の調節もできます。手間がかかる分、フィルターよりもこだわれるので、より自分のイメージに合った色味を選べるでしょう。

著作権フリーの音源を利用できる

YouTubeなどの動画投稿サービスは著作権に厳しいので、フリーではない音源を使用すると動画が著作権違反で削除されてしまいます。せっかく投稿した動画が削除されてしまうのは嫌ですよね。

しかし、動画にBGMがないと少し物足なく感じてしまいます。そこで、著作権フリーの音源の出番です。著作権フリーであれば、削除される心配はありません。そこで、著作権フリーの音源をスマホにダウンロードして、CupCutで動画と組み合わせて編集する方法があります。これをすることで、有名YouTuberのようなBGMを使用できます。

スタンプやテキスト機能を利用できる

最近、動画投稿サイトに投稿される動画のほとんどは、テロップという字幕が動画に入っています。テロップですが、動画によってフォントやサイズ、色、太字などさまざまです。CupCutはテキスト機能が豊富なので、動画に合ったテロップを作成できます。テキストに影をつけるなどもできるので、他の動画との差別化もできます。

また、スタンプも豊富にあります。可愛いデザインも豊富にあるので、使ってみてください。

チュートリアルで動画作成が学べる

アプリをダウンロードしてすぐに、動画編集をしようとしても、機能がわからないことがあると思います。そこで、このチュートリアルを活用しましょう。

始めたての時は、特に機能に慣れることが大切です。ぜひ、チュートリアルを積極的に活用してみてください。

対応言語や対応デバイスが豊富

対応言語には、日本語もあります。アプリによっては、日本語対応していませんが、CupCutは対応しています。自分の1番得意な言語で編集できるのは、ストレスもかからないので、必要な条件ですよね。また、英語やスペイン語など主要な言語が豊富に揃っているので、そちらの言語の方が使いやすい方は言語設定を変更すれば、簡単に使用できます。

対応デバイスは、iPhoneやAndroidなどで使用できます。もちろん、iPadなどのタブレット端末でも問題ありません。PCも少し複雑ですが使用できるみたいです。スマホしかデバイスを持っていない方からすると、iPhoneやAndroidで動画編集できるのは嬉しいポイントですね。

CupCutの使い方

ここからはCapcutの使い方について解説します。お使いのスマートフォンにアプリをダウンロードすれば、誰でも簡単にご利用いただけます。

アプリをダウンロードする

まずは、お使いのスマートフォンにアプリをダウンロードしましょう。無料のアプリですので、課金をする必要はありません。

▽CupCutのアプリ

初期設定をする

初期設定はすぐ完了します。アプリを開いていただくと、サービス規約とプライバシーポリシーの同意が求められます。こちらに同意するだけで、完了です。

プロジェクトを作成する

次に、プロジェクト作成に移りましょう。

①画面上部左上の新しいプロジェクトをタップ

②写真へのアクセスを求められるので、設定をクリックし、全ての写真へのアクセスを許可しましょう。

③編集したい動画、画像を選択し、画面右下の追加をタップ

④編集画面が表示される

こちらで完了です。次の章からは実際に、編集をしてみましょう。

テキストや絵文字を入れる

テキストや絵文字を入れたり、フォントを変えたりするのは非常に簡単です。ここからは、テキストや絵文字の入れ方、操作方法について解説します。

①画面下部に表示されるテキストをタップ

②テキストの追加をタップ

③動画に入れたい文字を入力する。

④入力されているのを確認し、テロップを編集する。

画面内にはこのように入力されていますが、テキストを直接触れば、移動させることができます。ここで、サイズやスタイルを変更できるので、自分好みにカスタマイズしてみてくださいね。この画面へは、スタイルをタップすればいけます。

また、テロップの表示時間は、テロップ入力後に表示される、下のバーで調節できます。

これで、テロップの入力は完了です。

BGMなどの音源を入れる

BGMもテロップ同様に挿入するのが非常に簡単です。

①画面下部に表示されるオーディオをタップ

②楽曲をタップ

③自分の好きな楽曲を追加する

検索をかけたり、おすすめから選択したり、すでに自分が所有している音楽から選択できます。今回は、おすすめの旅行プレイリストから楽曲を選択します。

④プレイリストから好きな楽曲を選択します。+ボタンをタップして動画に追加しましょう。

⑤実際に追加されたら、テロップ同様に自分の動画にあった長さに調節しましょう。

楽曲のバーをタップすれば、簡単に調節可能です。

このように、編集画面の下にBGMが挿入されたら完了です。

吹き替え・アフレコを入れる

吹き替え・アフレコも操作が簡単なので、ここで覚えておきましょう。

①動画下に表示される「音声を追加」をタップ

②一番右に表示されているアフレコをタップ

③マイクボタン長押しで録音開始

編集した動画をダウンロードする

最後に編集した動画をダウンロードしましょう。

①画面右上の↑をタップしてください。

②動画が保存され、この画面になったら完了です。

動画の長さ、編集内容によってダウンロードの時間が長くなるので、気長に待ちましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?難しい操作は一切ない、動画編集アプリCupCutについて紹介しました。無料かつスマホ一台で動画編集できるので、動画編集初心者の方でも簡単に動画編集できます。これから動画編集をする方は、CupCutで初めてみてはいかがでしょうか?

▽CupCutのアプリ

テルルではこんな記事も紹介しています

サービス紹介の他の記事 →