大手キャリアの格安新プランが出揃う!スマホ料金に革命が起こる!?

2021年3月から、大手キャリアの格安新プランがスタートします。3社ともに従来の料金プランから大幅に値下げしていることもあり、乗り換えを検討している人も多いでしょう。

本記事では、大手キャリアの格安新プランの料金や特徴などを解説します。

大手キャリアが格安新プランを発表|格安SIMへの対抗と政治的背景

大手キャリアの格安新プランは以下の通りです。

  • docomo「ahamo」(2021年3月26日〜)
  • au「povo」(2021年3月23日〜)
  • SoftBank「LINEMO」(2021年3月17日〜)

大手キャリア3社がほぼ同じ時期に新プランの提供を開始します。

大手キャリアが値下げに踏み切った大きな理由は、格安SIMへの対抗です。近年は料金が安い格安SIMへと乗り換えるユーザーが急増しています。格安SIMへと流れるユーザーに歯止めをかけるべく、格安新プランを打ち出しました。

また現内閣総理大臣の菅首相は、就任以前から携帯電話料金の値下げを重要政策に掲げていました。大手キャリアの値下げは、菅政権の政策に応じたとも言えます。

大手キャリアの格安新プラン比較【docomo・au・SoftBank】

大手キャリアの格安新プランの月額料金は以下の通りです。

  • docomo「ahamo」:2,970円/20GB
  • au「povo」:2,728円/20GB
  • SoftBank「LINEMO」:2,728円/20GB

3社ともに、月20GBが付与されるプランです。20GBを超過した場合は、低速通信モードで使うか、追加でギガを購入するかを選択します。

月額料金の面では、3社ともに大差がありません。しかしそれぞれ、細かな特徴の違いがあります。

docomo「ahamo」

  • 基本料金:月額2,970円(税込)
  • データ容量:月20GB
  • 音声通話:1回につき5分間無料、5分以降は30秒あたり20円(税別)

docomoの「ahamo」は、3社の中で唯一「1回につき5分間無料」の通話が可能です。月額料金だけを比較すると最高値ではあるものの、音声通話を含めると最もお得なプランと言えます。

au「povo」

  • 基本料金:月額2,728円(税込)
  • データ容量:月20GB
  • 音声通話:30秒あたり20円(税別)

auの「povo」は「auかんたん決済」が使えるプランです。現行のauユーザーは「auかんたん決済」をそのまま引き継げるので、手軽に乗り換えができます。

SoftBank「LINEMO」

  • 基本料金:月額2,728円(税込)
  • データ容量:月20GB
  • 音声通話:30秒あたり20円(税別)

SoftBankの「LINEMO」は、LINE利用時のギガが通信量にカウントされません。LINEのメッセージ交換や通話が使い放題であるため、LINEのヘビーユーザーにおすすめのプランです。

大手キャリアの値下げで変わるスマホ料金の常識

大手キャリアの格安新プラン登場で、多くのユーザーの乗り換えが予想されます。これまで大手キャリアで高い通信料を支払っていた人も、大きな節約につながるでしょう。

しかし大手キャリアの値下げの次に予想されるのは、格安SIM各社の対抗です。格安SIM各社がよりお得なプランを打ち出してくる可能性は大いにあります。大手キャリアと格安SIMの両方を比較し、自分に合ったプランを選びましょう。

テルルではこんな記事も紹介しています

スマホレビューの他の記事 →

▼テルル補償パック利用規約▼

テルル補償パック(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
テルル補償パック(イクス版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(イクス版) 利用規約 はこちら

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp