iPhoneの「計測アプリ」が凄すぎる!精度も検証してみた

iPhoneには、標準で「計測アプリ」がインストールされています。「存在は知っているけど、どんなアプリなのかは知らない」という人も多いでしょう。あまりメジャーなアプリではありませんが、実はとても便利だと知っていましたか?

本記事ではiPhoneの計測アプリでできることや使い方を紹介します。計測アプリをまだ使ったことがない人は、ぜひ参考にしてください。

iPhoneの計測アプリとは

iPhoneの計測アプリは、物体をカメラで映すだけで長さが測れるアプリです。iOS 12以降で標準搭載されるようになりました。

iPhoneの計測アプリは、AR技術を応用しています。カメラで映した映像にCGの映像を重ね合わせることで、一目で物体の長さを確認できます。

iPhoneの計測アプリは物体を映す角度や距離によって誤差が生じるため、定規やメジャーほどの計測精度はありません。しかしiPhoneが1台あるだけで長さを計測できるので、「ちょっと長さを知りたい」というシチュエーションに便利です。

iPhoneの計測アプリの使い方

iPhoneの計測アプリは、主に2通りの方法で物体の長さを計測できます。

任意で選択した2点間を計測

まずは計測を開始したい点に●を合わせ、「+」を押下します。

もう1点に●を合わせ、「+」を押下します。

2点間の長さが表示されます。

そのまま続けて他の点の長さも計測できます。

四角い物体を自動計測

四角い物体であれば、自動計測も可能です。

カメラが四角い物体を検知すると波線が表示されるので、「+」を押下します。

物体の縦・横の長さが表示されます。

なお表示された数値を押下すると、クリップボードへとコピーもできます。長さをメモしておきたいときに便利ですね。

iPhoneの計測アプリの精度検証

iPhoneの計測アプリの精度を検証するために、Nintendo Switchのジョイコンの長さを測ってみましょう。

まずはiPhoneの計測アプリで計測…

長さは10cmでした!

続いては定規で計測してみましょう。

こちらも10cm!計測アプリと定規で、同じ長さとなりました!

もちろんiPhoneの計測アプリは、定規のように精密な長さは測れません。小数点以下の長さは計測できないため、ぴったりな数値は出せないでしょう。しかしおおよその長さを知りたいだけであれば、大きな誤差なく使えます。

【まとめ】iPhoneの計測アプリを使いこなそう!

iPhoneの計測アプリは、定規やメジャーが手元になくても物体の長さを計測できる点が便利です。家具購入時の設置スペースを計測したり、引っ越し時の間取りを検討したりする際にも活躍してくれますね。

これまでiPhoneの計測アプリを使っていなかった人は、これを機にぜひ活用してみてください。

また、テルルでは様々なアプリの使い方やインストール方法等店頭でご案内しておりますので、お気軽にテルルへお立ち寄りください! 

テルルではこんな記事も紹介しています

アプリやってみたの他の記事 →

▼テルル補償パック利用規約▼

テルル補償パック(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
テルル補償パック(イクス版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(イクス版) 利用規約 はこちら

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp