LINEの新機能!「みんなで見る」を使いこなそう

オンライン共有がトレンド!

LINEの新機能!「みんなで見る」を使いこなそう1

最近は、テレワークが当たり前になってきている中でオンラインで会議をしたり飲み会も流行しています。

オンライン飲み会は、自宅にいてすぐに参加できて、終了後は帰宅する手間も省けるとあって多くの方が利用しています。

LINEの新機能!「みんなで見る」を使いこなそう2

ただ、オンライン会議や飲み会をするに当たって、zoomを筆頭とした会議アプリをインストールしなければなりません。

設定自体はとても簡単なのですが、セキュリティ上のリスクがあるのは事実です。

また、あまり使用しないアプリを入れておくのも面倒と感じる方も多くいます。

LINEの新機能!「みんなで見る」を使いこなそう3

そこで、オンラインでビデオ通話したり画面共有などもできるアプリとして活用したいのが、おなじみのLINEです。

この度、LINEの新機能として「みんなで見る」というものが実装されました。

手軽に画面共有することができる

LINEの新機能!「みんなで見る」を使いこなそう4

LINEは、新型コロナウイルス感染拡大の抑制施策が実施された2月下旬あたりから、アプリ上でグループコミュニケーションが盛んに行われている状況を見越して、ビデオ通話と音声通話の機能を大幅にアップデートしています。

そして、5月4日にアップデートされて実装されたのが、「みんなで見る」です。

通話をしている途中に、画面右下に表示される「みんなで見る」ボタンをタップして、「画面シェア」を押すと自分の画面をシェアできます。

使い方としては、例えば欲しい商品があって通販サイトを見ながらお互いチェックしたりすることもできます。

また、Android版限定となりますが、落書きできる機能が使用できて共有画面上にイラストを描くことができます。

よりコミュニケーションを楽しく取ることができますし、仕事上で何か指示をしたい場合は、画面上に丸などを描いてスムーズな指示が行えます。

YouTubeの共有も可能

LINEの新機能!「みんなで見る」を使いこなそう5

特にオンライン飲み会で役に立ちそうな機能として、YouTubeのシェア機能も実装されました。

画面共有同様に、通話をしている途中に画面右下に表示される「みんなで見る」ボタンをタップして、「YouTube」を選択すればシェア可能です。

YouTubeボタンからYouTubeを一緒に見るためには、見たい動画を検索して選ぶこともできますし、見たいYouTubeのURLをあらかじめコピーしてビデオ通話に参加することで、URLが自動的に通話中の画面下に表示されます。

これによって、会話の最中に動画を検索して一緒に視聴できたり、面白いYouTubeがあるから一緒に見よう!などのコミュニケーションのきっかけづくりにできます。

YouTubeでは、様々な映像コンテンツがあるので、飽きることなくお互いコミュニケーションを取りつつ楽しめますよ。

制約はあるの?

LINEの新機能!「みんなで見る」を使いこなそう6

とても便利なみんなで見るですが、一部利用に制約があります。

グループビデオ通話中に画面上に表示される人数をスマートフォン画面は最大6人、iPad画面は最大9人に制限されています。

任意の人をダブルタップすることで、フォーカスして画面上に大きく表示される仕様となっています。

画面下方部には選択した人以外の顔が一覧で表示されていて、横にスクロールすれば最大200人の参加者の顔を確認することが可能です。

また、ビデオ通話で利用できるエフェクトやフィルターは随時新しい内容を追加しており、今後の発展が期待されます。

まとめ

みんなで見る機能は、時代背景にあわせて魅力的なコンテンツとなっています。

新型コロナによって、これからの私たちのライフスタイルにも変化が起きようとしている中で、ぜひ活用したいものですね。

DLはコチラから!

iOSでご利用の方 Androidでご利用の方

テルルではこんな記事も紹介しています

アプリやってみたの他の記事 →

▼テルル補償パック利用規約▼

テルル補償パック(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
テルル補償パック(イクス版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(イクス版) 利用規約 はこちら

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp