ゆうちょ銀行が通帳アプリをリリース。使い勝手は?

ゆうちょ銀行が通帳アプリをリリース。使い勝手は?1

2020年1月24日、ゆうちょ銀行のホームページにて「ゆうちょ通帳アプリ」のサービス開始と「ゆうちょダイレクト残高照会アプリ」のサービス終了が発表されました。

ゆうちょ銀行に口座を持っている人は少なくありませんが、アプリで残高の確認をしている方、アプリの存在を知っている方はどれほどいるでしょうか?

本記事では、新リリースされる「ゆうちょ通帳アプリ」についてご紹介するとともに、サービス終了する「ゆうちょダイレクト残高照会アプリ」との違いについても解説します。

ゆうちょ銀行が2月下旬からアプリサービスを開始

ゆうちょ銀行が通帳アプリをリリース。使い勝手は?2

ゆうちょ銀行は、「ゆうちょ通帳アプリ」のサービスを2月下旬から開始します。

こちらのアプリは、ゆうちょ銀行で総合口座(通常貯金・通常貯蓄貯金)を利用しているユーザーであれば特にあらなた申し込み等をする必要もなく利用することができるのが特徴です。

現在は残高照会・入出金照会・収支のグラフの3機能がリリースされるとの情報が出ていますが、機能は今後順次追加されるとされています。

「ゆうちょ通帳アプリ」の利用は無料

「ゆうちょ通帳アプリ」を利用する際に新たな申し込みが不要であるという点はすでに述べた通りですが、「ゆうちょ通帳アプリ」の大きな特徴として、利用が無料である点も挙げられます。

これまでゆうちょ銀行の残高照会を担ってきた「ゆうちょダイレクト残高照会アプリ」は、ゆうちょダイレクトへの申し込みが必要なほか、アプリへのログインにはゆうちょダイレクトのお客様番号やログインパスワードが必要でした。

「ゆうちょ通帳アプリ」は通常・通常貯蓄口座利用者ならだれでも利用できるだけでなく、ログインに特別なお客様番号が不要になり、通常の口座番号や氏名・生年月日・暗証番号だけでログインができるようになりました。

いつでも残高や入出金明細が見られる

ゆうちょ銀行が通帳アプリをリリース。使い勝手は?3

「ゆうちょダイレクト残高照会アプリ」では、ログイン後ユーザーみずから更新をしなければ現在の残高を照会することができませんでした。

しかし、「ゆうちょ通帳アプリ」では、ログイン時に自動更新が行われ、常に最新の残高や入出金明細を確認することが可能となりました。

収支のグラフも表示

ゆうちょ銀行が通帳アプリをリリース。使い勝手は?4

「ゆうちょ通帳アプリ」では、「ゆうちょ残高照会アプリ」と同様、収支のグラフを確認することも可能です。

アプリを上手に活用することで、月間や年間の収支バランスをわかりやすく確認することもできる「ゆうちょ通帳アプリ」。

ゆうちょ銀行の口座を持っている方にはぜひおすすめしたいアプリです。

テルルではこんな記事も紹介しています

お役立ち情報の他の記事 →

▼テルル補償パック利用規約▼

テルル補償パック(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
テルル補償パック(イクス版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(イクス版) 利用規約 はこちら

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp