Googleの隠しコマンド10選!知っているだけで検索が更に便利に

今や多くの人が日常的に使っているGoogle検索。普通に検索する以外にも、実はたくさんの隠しコマンドがあることを知っていましたか?

本記事では、Googleを使ううえで知っておきたい隠しコマンドを紹介します。Googleを使って調べものをする機会が多い人は、ぜひ参考にしてみてください!

検索の効率が上がるGoogleの隠しコマンド

Google検索の効率を上げたい人は、以下の隠しコマンドを覚えておきましょう。

「OR」:どちらかのキーワードを含む結果を検索

「A OR B」という検索の仕方をすると、AとBどちらか一方を含む検索結果が表示されます。検索したいキーワードが定まらないときに便利ですね。

「-」:キーワードを除外して検索

「A - B」という検索の仕方をすると、Bを含まない検索結果のみが表示されます。例えば「apple - りんご」と検索すれば、果物のりんごを除外し、Apple社に関する情報のみを検索できます。

「※」:全てのパターンを検索

※はキーワードの一部が曖昧なときに使えるコマンドです。例えば「あのお笑いコンビ、日本エレキテル何だっけ?」というとき、「日本エレキテル※」と検索すれば、「日本エレキテル連合」がヒットしやすくなります。

「””」:完全一致

「”A”」のように対象のキーワードをダブルクオーテーションで囲うと、Aと完全に一致した検索結果のみが表示されます。例えば「12月1日」と普通に検索すると、「12月2日」や「12月3日」の検索結果まで表示してしまうことがあります。しかし「”12月1日”」と検索すれば、12月1日以外の検索結果は表示されません。

知っていると便利なGoogleの隠しコマンド

下記の隠しコマンドは、知っているだけで何かと役立ちます。

「天気」:天気の表示

「天気」と検索すると現在地の天気が表示され、「天気 地名」で検索するとその地域の天気が表示されます。いちいちスマホアプリを開くよりも、スムーズに天気を知ることができますね。

「カロリー」:食べ物のカロリーを表示

「食べ物の名前 カロリー」で検索すると、対象の食べ物のカロリーが表示されます。手軽にカロリーを知れるのが便利なポイントですね。

「チーム名」:試合結果や予定の表示

スポーツチームの名前を単体で検索すると、試合結果や予定が表示されます。手軽にチームの情報を知りたいときに便利ですね。

ちょっと面白いGoogleの隠しコマンド

下記の隠しコマンドは特に役立つ機能ではありませんが、入力するとちょっと面白いことが起こります。

「斜め」:ページが傾く

「斜め」と検索すると、ページがカクッと傾きます。

「google gravity」:ページが崩れる

「google gravity」と検索すると、googleのロゴや検索バーが崩れ落ちます。

「google space」:ページが無重力状態になる

「google space」と検索すると、ページが無重力状態になり、googleのロゴや検索バーがフワフワと浮き上がります。

【まとめ】Googleの隠しコマンドを使いこなそう!

Googleには意外と知らない隠しコマンドがたくさんあります。隠しコマンドを知っているだけでも、Google検索はより便利になるはずです。これまで普通の検索しかしてなかった人は、ぜひ隠しコマンドを試してみてください。

テルルではこんな記事も紹介しています

お役立ち情報の他の記事 →

▼テルル補償パック利用規約▼

テルル補償パック(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
テルル補償パック(イクス版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(イクス版) 利用規約 はこちら

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp