Twitterの「乗っ取り」に注意!乗っ取られたときの解除法は?

Twitterのタイムラインをよく見る人は「Twitterが乗っ取られた!」という報告を度々見かけませんか?また本記事を読んでいる人の中には、「現在進行形でTwitterが乗っ取られている!」という人もいるでしょう。

実際Twitterの利用者数が増えるにつれ、乗っ取り被害は増えています。

そこで今回は、Twitterの乗っ取りの手口を解説したうえで、乗っ取りを解除する方法を紹介。Twitterの乗っ取りに不安を感じている人は、ぜひご一読を!

Twitterの乗っ取りによる被害とは?

Twitterを乗っ取る目的は、URLの宣伝やウイルスサイトへの誘導が主です。自分のアカウントで以下のような事態が発生していたら、Twitterが乗っ取られている可能性があります。

勝手にツイートされる

宣伝URLやウイルスサイトを拡散する目的でツイートされます。

勝手にダイレクトメッセージを送信される

フォロワーに対し、宣伝URLやウイルスサイトを記載したダイレクトメッセージを送信されます。

勝手に他人をフォローされる

より多くの人に宣伝URLやウイルスサイトを拡散するために、勝手にフォロワーを増やされることもあります。

パスワードを変更される

一度乗っ取ったアカウントをすぐに取り戻されないために、パスワードを変更されることもあります。

Twitterの乗っ取りの手口

Twitterを乗っとるには、以下のような手口があります。

不正ログインによる乗っ取り

第3者がアカウントに不正ログインし、そのままアカウント自体を乗っとるという手口です。第3者にパスワードを見破られたパターンと、パスワードがどこかで流出しているパターンが考えられます。

アプリ連携による乗っ取り

Twitterと他のアプリを連携すると、アプリ側から強制的にツイートをされるケースがあります。

他のSNSやゲームアプリをTwitterアカウントで使う際、以下のような画面からアプリ連携をしたことはありませんか?

安全なアプリと連携する分には問題ありませんが、悪質なアプリと連携すると、勝手にURLの宣伝やウイルスサイトがツイートされることがあります。

Twitterの乗っ取りを解除する方法

Twitterを乗っ取られた際は、早急に以下の方法を実施しましょう。

パスワードを変更する

いずれの手口でTwitterを乗っ取られた場合も、まずはパスワードを変更し、第3者がログインできないようにしましょう。

パスワードの変更は以下の手順で実施します。

 

①アイコンから「設定とプライバシー」を開き、「アカウント」→「パスワード」と進む。

②現在のパスワードと新しいパスワードを入力する。

もし勝手にパスワードを変更されている場合は、「パスワードをお忘れですか?」からパスワードのリセットができます。

連携アプリを解除する

パスワードをリセットしたうえで、怪しいアプリと連携していないかどうかをチェックします。身に覚えがないアプリと連携していたら、早急に連携を解除しましょう。

連携アプリの解除は以下の手順で実施します。

 

①アイコンから「設定とプライバシー」を開き、「アカウント」→「アプリとセッション」と進む。

②アプリ一覧の中から、身に覚えのないアプリを選択する。

③「アクセス権を取り消す」を選択すると、連携が解除される。

【まとめ】Twitterが乗っ取られないよう、普段から対策を!

Twitterの乗っ取りは冷静に対処すればすぐに解除できますが、普段から乗っ取られないように対策しておくのが1番です。

  • パスワードを推測されにくい文字列に設定する
  • 怪しいサイトにアクセスしない(パスワードの流出対策)
  • 怪しいアプリの連携を許可しない

乗っ取り対策を実施して、安全にTwitterを利用しましょう!

テルルではこんな記事も紹介しています

お役立ち情報の他の記事 →

▼テルル補償パック利用規約▼

テルル補償パック(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
テルル補償パック(イクス版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(イクス版) 利用規約 はこちら

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp