折り畳めるスマホ用ジンバルレビュー「snoppa ATOM」を使ってみた

折り畳めるスマホ用ジンバルレビュー「snoppa ATOM」を使ってみた1

スマホでブレのない綺麗な動画を撮影出来る「ジンバル(スタビライザー)」は、YouTubeなどの動画投稿サービスの台頭によって普及が進んでいます。

ジンバルを端的に説明すれば「ハイスペックな自撮り棒」で、ブレのない映像を撮影出来ることはもちろん、様々な便利機能でユーザーをアシストしてくれます。

新たに撮影用のカメラを購入する必要がなく、手持ちのスマホを活用する事ができるので、誰でも気軽に導入する事ができる反面「持ち運びに苦労する」というのがジンバルの欠点でした。

しかし、この欠点を大幅に解消した神機種が登場したので、早速使ってみた感想をお伝していきます。

クラファン生まれのスマホ用ジンバル「snoppa ATOM」とは?

折り畳めるスマホ用ジンバルレビュー「snoppa ATOM」を使ってみた2

今回紹介する「Snoppa ATOM(以下ATOM)」は、米国の大手クラウドファンディングサービス「indiegogo」にて、なんと156万ドル(約1億6千万円)もの大型の資金調達に成功し、満を満たして製品化されたスマホ用ジンバルです。

ATOMはパン(水平・左右)・ティルト(垂直・上下)・ロール(回転)の全ての動きに対応できる「3軸ジンバル」で、スマホ用ジンバルとしては世界最小クラスを誇る、本体重量440gの軽量な作りになっています。

ATOM最大の特徴は「折り畳めること」

折り畳めるスマホ用ジンバルレビュー「snoppa ATOM」を使ってみた3

スマホ用ジンバルの最大の欠点は「持ち運びに苦労すること」ですが、ATOMはこの欠点を見事に解消しています。

本体を2つに折り畳める構造としたため、どうしても大きく「かさばる」従来のスマホ用ジンバルとは比較にならない程コンパクトに収納する事が出来ます。

これにより、今まではバッグ内を占領していたスマホ用ジンバルが、ポケットに収まるサイズまでに進化しました。

ATOMの折り畳みは方法は、スマホホルダーとジンバル途中の回転部の2点をロック(回すだけ)して、あとは全体をパタッと折り畳む(ボタン式)だけの簡単仕様です。

ATOMはとても高機能

折り畳めるスマホ用ジンバルレビュー「snoppa ATOM」を使ってみた4

ATOMは一般的なスマホ用ジンバルの機能は全て盛り込んだ上で、被写体を自動的に追尾する「アクティブトラック機能(物体追跡)」顔認識による人物追尾機能「フェイストラック機能(顔追跡)」タイムラプスやスローモーション撮影モードなど、動画撮影が楽しく便利になる機能を満載しています。

また、ATOMからスマホへ電源を供給することも可能で、ケーブル充電の他にワイヤレス充電の「Qi」にも対応しています。

これさえ1台あれば、わざわざ動画撮影用に高機能カメラを買い足す必要はなく、手持ちのスマホを有効活用できる上に、家族や友人のスマホでも安定した動画撮影をする事が出来ます。

ATOMはYouTubeの動画撮影にオススメ

折り畳めるスマホ用ジンバルレビュー「snoppa ATOM」を使ってみた5

ATOMの活用方法として最もオススメなのは「YouTube用の動画撮影」で、常に持ち運べるATOMだからこそ、日常のネタを逃さず撮影する事が出来ます。

本体に汎用の三脚を取り付ければ、自撮り動画の撮影も可能ですし、それこそアクティブトラックやフェイストラック機能を使えば、自分が動いてもATOMが自動的に追尾して撮影してくれます。

ATOMを使って動画撮影をすれば、単にスマホで撮った動画とは明らかに違う、ワンランク上の動画を撮影する事が出来るので、はじめからライバルと差をつける事が出来ます。

今回のまとめ

折り畳めるスマホ用ジンバル「ATOM」は、従来のジンバルの「便利だけど持ち運びが面倒」という欠点を見事に解消したアイテムです。

何か面白い撮影ネタがないか、ATOMをポケットに入れて出かけてみましょう。

テルルではこんな記事も紹介しています

お役立ち情報の他の記事 →

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp