ネットの繋がりが悪い…Wi-Fiの中継器を置いてみた

あなたの家でもWi-Fiが弱いなと感じたことや、むしろ繋がりにくくてストレスに感じているという方もいるのではないでしょうか。まさにその一人だったのですが…今回、購入して使ってみたWi-Fiの中継器を紹介していこうと思います。

Wi-Fiの中継器とは?

ネットの繋がりが悪い…Wi-Fiの中継器を置いてみた1

まさにWi-Fiの電波が弱くて届きにくい部屋などに中継器を設置すると死角になっていた部屋でもWi-Fiの電波が届きやすくなりネット環境が快適になります。

Wi-Fiの電波が障害物を通り抜けると弱くなってしまうので2階や壁で囲まれている部屋では通信速度が遅くなるということはよくあります。そういったときに中継器を中間に置くことでWi-Fiの電波を繋がりやすくしてくれます。

Wi-Fiが届かないせいで途切れる動画

中継器というものがなかったのである一部屋だけ、とにかく電波が届きにくい部屋があり途切れる動画。最初のうちは気のせいかと思ってました…が日に日にひどくなったために中継器を購入しました!

改善するべく導入したTP-Link AC1200規格 デュアルバンド WiFi中継器RE300

ネットの繋がりが悪い…Wi-Fiの中継器を置いてみた2

ネットで検索してみるとWi-Fiの中継器は色々とあり、有名メーカーをはじめネット通販でオススメとされているものまで種類はたくさんありました。どれがいいのか迷ってしまいました。口コミの中にはマイナスなコメントもあるので実際に使ってみないと分からないなと思いました。なので今回は「TP-Link AC1200規格 デュアルバンド WiFi中継器RE300」を購入してみました。

まずは見た目からも気に入ったこちらの中継器。値段も3,300円くらいと例えダメでも仕方ないと思える価格だったので…こちらに決定。

TP-Link WiFi中継器RE300について

ネットの繋がりが悪い…Wi-Fiの中継器を置いてみた3

この中継器はコンセントに挿すだけでいいのと最初の設定の時にWPS搭載のルーターとならワンプッシュのみで接続できること。またアプリを使って簡単に設定できるところもオススメです。最初の設定時以外でもこのアプリをダウンロードしておけば色々とアプリから管理ができるので操作もしやすいと感じました。また3年保証がついているのも何かあったときに安心です。TP-Link OneMesh対応のルーターと使うこともできます。デュアルバンド867+300Mbpsですでにあるルーターとの互換性もあるので中継器を使うことで今よりも広い範囲で安定したWi-Fiを使うことができます。LEDで設置場所も最適なところを見つけることができます。

導入した結果は見事、改善されました!

ネットの繋がりが悪い…Wi-Fiの中継器を置いてみた4

恐る恐るアプリで設定を済ませ、いざ2階のWi-Fiの電波が届かない部屋へ。その部屋のすぐそばにあるコンセントに挿し準備は完了。

Wi-Fiなのに途切れたりしていた動画がなんとスムーズに再生されるではありませんか!これは買ってよかった商品だとやっと安心できました。見事に最悪な状況から改善することができました。

まとめ

今回は「TP-Link AC1200規格 デュアルバンド Wi-Fi中継器RE300」を実際に購入して、試してみました。あれだけWi-Fiが届かずストレスだったのが安心して動画も見られますし、ネット検索もスムーズです。何よりとっても簡単に設定できますし、アプリを操作するだけで管理ができるのもいいポイントです。

詳細が気になる方はこちらから↓

TP-Link Wi-Fi中継器RE300

テルルではこんな記事も紹介しています

お役立ち情報の他の記事 →

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp