新しい位置情報ゲーム「ドラクエウォーク」

スマホゲームといえば、位置情報を活用したものが人気です。 位置情報ゲームの代表格である「ポケモンGO」は、リリースから今でも人気が続いています。 一方、新たな位置情報ゲームとして「ドラクエウォーク」のリリースが発表されました。 本記事では、この「ドラクエウォーク」について、「ポケモンGO」との違いを中心に詳しく解説します。

実際のドラクエのように経験値をためていく

新しい位置情報ゲーム「ドラクエウォーク」1

「ドラクエウォーク」こと「ドラゴンクエストウォーク」は、ドラゴンクエストの世界観にリアル世界の位置情報を掛け合わせたゲームです。 ゲームを開始すると、私たちが今いる場所の地図が画面上に表示されます。 私たちが歩くと画面上でも私たちのアバターが移動し、途中でモンスターが出現します。 出現したモンスターを倒すと経験値が得られるのは、これまでのドラゴンクエストと同じです。

目的地を決めることができる

新しい位置情報ゲーム「ドラクエウォーク」2

「ドラクエウォーク」において最も重要なのは、ゲーム上の登場人物から頼まれる「クエスト」です。 通常のゲームでは、クエストにおける目的地を変更することはできませんが、「ドラクエウォーク」では、クエストにおける目的地を自ら設定することができます。 つまり、自分の行きたい場所を目的地に設定することで、目的地に向かって歩きながらゲームを進めることができるのです。 不必要な場所まで歩かされる必要がない点が、ドラクエウォークの大きなメリットであると言えるでしょう。 新しい位置情報ゲーム「ドラクエウォーク」3

ゲームにはボスも登場

本家ドラゴンクエストの大きな魅力のひとつに、ボスの存在があります。 「ドラクエウォーク」では、ドラゴンクエスト同様ボスが出現します。 ゲーム内でダンジョンに突入するとボスが出現するシステムになっているため、本家のゲームをプレイしていた際に倒したボスと再会する可能性も十分考えられます。

6月11日から2万人のβテスト開始

新しい位置情報ゲーム「ドラクエウォーク」4

「ドラクエウォーク」は、6月11日から2万人を対象としたβテストを開始しました。 βテストの対象範囲は関東圏内に限られていたようですが、「ドラクエウォーク」公式側は、ゆくゆくは日本全国様々な場所でゲームをプレイすることができるようになると述べています。

まとめ

新たにリリースされる位置情報ゲーム「ドラクエウォーク」について解説しました。 「ドラクエウォーク」は自らクエストの目的地を設定できるなど自由度が高く、日常生活の中に組み込みやすいゲームです。 また、本家ドラゴンクエストで登場したボスが出現するなど、旧来のドラクエファンにとっては見逃せないゲームです。

テルルではこんな記事も紹介しています

アプリやってみたの他の記事 →

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp