目などに影響があるブルーライトについて知ろう

ブルーライトとは?

目などに影響があるブルーライトについて知ろう1

ブルーライトって言葉、最近はよく耳にするなと感じている方も多いと思います。このブルーライトとは人の目で見ることができる光(可視光線)の中で波長が短く強いエネルギーを持つ青色光のことです。パソコンやスマートフォンにはこのブルーライトが多く含まれており、このブルーライトが体に影響を及ぼすともいわれています。

どんな影響がある?

目などに影響があるブルーライトについて知ろう2

このブルーライトを浴びるとどんな影響があるか?というのが一番気になるところです。今はっきりとわかっていることはブルーライトを浴びると体内時計に影響があるそうです。目への影響についてはまだわかっていません。

今の生活の中で欠かせないものの中にはブルーライトが多く出ています。生活に浸透しているスマホもパソコンもLED照明もテレビもブルーライトが出ているので完全になくすことは不可能です。

ブルーライトへの対策は?

目などに影響があるブルーライトについて知ろう3

生活のすぐ近くにあるブルーライトとうまく付き合っていくにはそれぞれで対策をすることも大事です。目への影響ははっきりしていませんがブルーライトをカットする眼鏡やスマホにもブルーライトを和らげる機能がついています。

今すぐできることの一つの対策としては夜にブルーライトをできるだけ浴びないようにすることです。体内時計を狂わせてしまうということははっきりわかっているので寝る前にスマホを見るときは短い時間で済ませることが大切です。もう一つはスマホについているブルーライトを和らげる機能を設定しておくことで対策を行わないよりも影響も少なくて済みますね。

ブルーライトをカットしてくれるアイテムはどんなものがある?

私たちのすぐ近くにあるブルーライト。完全になくすことは今では難しいですし、スマホやパソコンはあって当たり前のものになりつつあるのでないと不便です。だからこそブルーライトをできる限りカットできるアイテムを利用するのがいい対策だと思います。

液晶保護フィルムは画面の保護をしつつ、ブルーライトカットもしてくれるものがあります。ブルーライトカットの眼鏡をかけなくても済むので眼鏡をかけておくのが苦手な方などはブルーライトをカットしてくれる保護フィルムを貼るのがオススメです。

ブルーライトカット眼鏡をかけるのもオススメですでに眼鏡を普段からかけている方にはPCレンズで度付きや度なしのものも選べるものもあります。キッズ用のブルーライトをカットしてくれるものもあるのでゲームなどをするお子さんがいる方にもおすすめです。

DUDUMA ブルーライトカット メガネ

目などに影響があるブルーライトについて知ろう4

ブルーライトによる不調を軽減するのにブルーライトカット眼鏡を使うのがおすすめです。ブルーライトをカットしてくれるのはもちろんのこと、眼鏡をかけていると感じないくらいの掛け心地でこめかみなども痛くなりにくい設計です。男女兼用のデザインで誰にでも使いやすい商品です。気になった方は以下の詳細をチェックしてみて下さい。

詳細はコチラから!

DUDUMA ブルーライトカット メガネ

まとめ

今回はブルーライトの影響を調べてみました。目への直接の影響に関してはまだはっきり分かっていませんが体内時計を狂わしてしまうことは分かっています。体内時計が狂うと体への不調も出てくるのでブルーライトがカットできるアイテムを使って過ごしていきたいですね。

テルルではこんな記事も紹介しています

お役立ち情報の他の記事 →

▼テルル補償パック利用規約▼

テルル補償パック(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
テルル補償パック(イクス版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(イクス版) 利用規約 はこちら

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp