新元号は令和!変化にも対応できるお役立ち情報

新元号が決定した!

新元号は令和!変化にも対応できるお役立ち情報1

2019年に入り、多くの話題を呼んだことがあります。

それが、新元号です。

大宝の元号制定以降においては、南北に朝廷が分裂していた時代においても一度も中断されることなく使用されており、平成まで引き継がれてきました。

一世一元が続き、平成は31年間も続きましたが、その度天皇陛下が退位されることに従って新元号が用いられることになりました。

新元号は令和!変化にも対応できるお役立ち情報2

2019年4月1日に「令和」となることが発表されましたが、その決定に至るまでのプロセスは極秘で行われてきました。

その中で、多くの方が新元号が何になるのかを予想していました。

AIなども用いて本格的に予想するなど、国民全員が盛り上がったのは言うまでもありません。

新元号は単に名称だけが変えるだけで良いというわけではなく、様々な影響を及ぼすと言われています。

そこに適切に対応しなければ、大きな損失を生む可能性もあるのです。

新元号で変化することは?

新元号は令和!変化にも対応できるお役立ち情報3

新元号になることによって、最も影響を受けると見られているのがシステム関連です。

西暦で設定されているものであれば問題ありませんが、省庁などのシステムは意外と和暦で設定されているものもあるのです。

その場合、平成から令和に切り替えるという作業が必要になります。

企業においては、ちょうどゴールデンウィークの最中であり、休業しているタイミングで切り替えることができますが、交通やホテル業界など、ゴールデンウィークが逆に忙しくなる業界においては、もしトラブルが発生した場合は甚大な影響を及ぼす可能性があります。

新元号は令和!変化にも対応できるお役立ち情報4

また、私達が当たり前のように使用しているパソコンでも、新元号に対応する必要があります。

Microsoftでは、OSであるWindowsは4月1日の元号発表以前から対応策に取り組んでいます。

なぜ4月1日に新元号が発表されたかについては、各業界から切り替えるための時間が欲しいという意味で1ヶ月前に発表されたという経緯があります。

Windowsでは、更新プログラムが公開される予定ですので、公開され次第すぐに適用して、トラブル発生を抑制したいものです。

システム以外で影響を受けそうなのが印刷業界です。

今まで平成と印字されていた部分を令和に切り替える必要があります。

身近な所では、運転免許証も令和に切り替えることになりますが、既に発行されていて平成32年以降と印字されている場合でも、次回更新時まで有効であるという通達が出ています。

こんな方法で変化に対応する!

新元号は令和!変化にも対応できるお役立ち情報5

個人で令和への変更に対応する場合は、パソコンのソフトを最新なものにアップデートする必要があります。

各社のホームページでは、令和への対応についての見解を示しており、その対応に従うことが重要です。

他では、スマートフォンのアプリ関係もアップデートするようにしてください。

企業関係のサービスは、不必要に利用しないというのも一つの手です。

各企業において影響が出ないようにしていても、トラブルに巻き込まれる可能性があるのであれば、様子見するのも良いでしょう。

また、そもそも和暦ではなく西暦に変更するのも一考の余地がありますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

親元号のブームはまだまだ続くと見られていますが、影響を及ぼしかねない事態でもあります。

この変更をリスクとして捉えるか、逆にチャンスと捉えるかで対応が大きく変わってきます!

テルルではこんな記事も紹介しています

お役立ち情報の他の記事 →

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp