一体何ができるの?Google Homeの主要機能まとめ

ここ数年で世間の注目を大いに集めたスマートスピーカー。

日本だけでなく海外でも多くの人がスマートスピーカーを利用しており、スマートスピーカーは今後ますます我々の生活に根付いていくと考えられます。

しかし一方で、スマートスピーカーを使って一体何ができるのか、実はよく分かっていないという人も多いはず。

「スマートスピーカーに話しかけると色々なことができる」くらいのことは分かっているものの、実際に我々の生活の中でどのように活躍してくれるのでしょうか。

そこで今回は、代表的なスマートスピーカーの1つであるGoogle Homeの機能について紹介していきます。

Google Homeとは?

Google HomeはGoogleが提供するスマートスピーカーです。

Amazonの提供するスマートスピーカー「Amazon Echo」に対抗して作られたと言われており、スマートスピーカーと言ったらAmazon EchoとGoogle Homeの両方を思い浮かべる人も多いはず。

Amazon Echoはネット上でしか購入できないのに対し、Google Homeは全国の家電量販店などで手軽に購入できるというのが特徴です。

話しかけるだけで調べ物ができる

「週末の天気は?」

「ここから上野駅までの行き方は?」

「近所のスーパーの営業時間は?」

Google Homeに向かってこんな風に話しかけると、瞬時に回答してくれます。

位置情報とも連動しているため、「ここから~」や「近所の~」というワードにも反応してくれます。

いちいちスマホで調べなくても、音声だけで知りたい情報が得られるのがGoogle Homeの魅力です。

Google Play Musicと連動して音楽を流せる

Google Play Musicなどの音楽サービスと連動して、Google Homeから音楽を再生することも可能です。

「〇〇(アーティスト名)の曲を流して」

「おすすめのクリスマスソングを流して」

「パーティーの音楽を流して」

こんな風に話しかけるだけで、音楽を流すことができます。

また、パソコンに保存してある音楽をGoogle Play Musicにアップロードし、それを再生することも可能です。

音声で家電をコントロールすることも可能

Google Homeには家電を音声でコントロールする機能もあります。

事前にGoogle Homeに対応した家電を用意しておく必要がありますが、

「リビングの電気を消して」

「エアコンの温度を上げて」

こんな感じで家電を音声でコントロールすることができます。

家を出る直前で「あ、リビングの電気つけっぱなし!」なんてなった時に、音声だけで家電をコントロールできるのはとてもありがたいです。

まとめ

Google Homeを始めとするスマートスピーカーは一見使いこなすのが難しいようにも思えますが、実際に使ってみると設定や操作は非常に簡単で、誰にでも使いことなすことができます。

またGoogle Homeの機能は今後もアップデートによりどんどん増えていくことが予想されます。

まだスマートスピーカーに触れたことがないという人は、ぜひ家電量販店などに足を運び、その機能をチェックしてみてください。

テルルではこんな記事も紹介しています

サービス紹介の他の記事 →

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp