iPhone13のバッテリー性能がすごい!高速充電は可能?

2021年9月に待望の新作が続々と発表されたApple製品の中でも一番注目度が高いのがiPhone13シリーズ。カメラやディスプレイ、CPUなど様々な部分で機能性が向上していると世界中から注目されています。

今回は、そんなiPhone13のバッテリー性能について詳しく解説していきます。スマホをよく使う方にとって、バッテリーの持ち時間はかなり重要なポイントですよね。

記事の中では、iPhone13のバッテリー性能はどのように進化しているのかをiPhone12の性能と比較しながら詳しくみていきます。

iPhone13のバッテリー性能が向上した理由

結論からお伝えすると、iPhone13のバッテリー性能は格段にアップしており、iPhone史上最強クラスと絶賛されています。

新作発表会見の際も、Appleは「iPhone12よりもバッテリーの駆動時間が大幅に伸びた」とアピールしているほどその性能の高さに注目が集まっているのです。

ここからはiPhone13シリーズのバッテリー性能がなぜ向上したかという2つの理由について詳しくみていきましょう。

新チップA15 Bionicを搭載

iPhone13シリーズのすべてのモデルで、新型チップ「A15 Bionic」が搭載されました。

先日行われた新作発表会見の中で、Appleは「A15 Bionicはあらゆるスマホで史上最速のチップである」と断言しています。他社のスマホ製品と比較するとなんと50%も処理速度が速いというから驚きですね。

処理速度が速いということは、サクサクと操作できるということ。そのため負荷の大きなスマートフォンゲームや動画再生もスムーズに動きますよ。

そしてこの最新チップは処理速度だけでなく電力効率も格段にアップしています。そのため省電力性能も高く、結果としてバッテリー性能の向上に大きく貢献しているのです。

iPhone内部の構造を見直し、バッテリー容量が大幅に増大

iPhone13シリーズでは、iPhone内部の構造が抜本的に見直しされ、搭載するバッテリー容量が大幅に増加しました。

バッテリーが増えたことにより、従来のiPhone12と比べて10〜20gほど重くはなってしまいますが、その分バッテリーの持続時間が大幅に長くなっています。なるべく軽くて持ちやすいスマホを希望されている場合は、iPhone13 miniかiPhone13を検討してみましょう。

次の章では、どのくらいのバッテリー容量が増えたのか詳しくみていきます。

iPhone13シリーズのバッテリー容量|iPhone12との比較も

iPhone13シリーズのバッテリー性能がアップしていることがわかりましたね。

Appleは具体的なバッテリー容量の情報を公開していませんが、YouTubeやネット記事にいくつもの検証結果がアップされています。それらの情報を踏まえ、ここからは前作のiPhone12と比較しながらiPhone13シリーズのバッテリー容量をの違いをみていきましょう。

 

iPhone12 mini…2,227mAh

iPhone12…2,815mAh

iPhone12 Pro…2,815mAh

iPhone12 Pro Max…3,687mAh

iPhone13 mini…2,406mAh(7.4%増)

iPhone13…3,095mAh(9%増)

iPhone13 Pro…3,095mAH(9%増)

iPhone13 Pro Max…4.352mAh(15.3%増)

 

両者で比較してみると容量がかなりアップグレードされていることがとてもよくわかります。

iPhone13とiPhone13 Proは同じバッテリー容量ですが、前作よりも10%弱容量が増加、そしてiPhone13 Pro Maxに関していうと、15%以上も容量が増えています!かなりパワフルに使いこなすことができますね。

iPhone13シリーズはiPhone12よりも価格が1〜2万円程度高く設定されていますが、このバッテリー容量の増加だけを考えても納得できる価格設定ではないでしょうか。

iPhone13のバッテリー持続時間

ここからはiPhone13シリーズのバッテリー持続時間について詳しくみていきましょう。

 

【iPhone12 mini】

ビデオ再生…最大15時間

ビデオ再生(ストリーミング)…最大10時間

オーディオ再生…最大50時間

 

【iPhone12】

ビデオ再生…最大17時間

ビデオ再生(ストリーミング)…最大11時間

オーディオ再生…最大65時間

 

【iPhone12 Pro】

ビデオ再生…最大17時間

ビデオ再生(ストリーミング)…ー

オーディオ再生…最大65時間

 

【iPhone12 Pro Max】

ビデオ再生…最大20時間

ビデオ再生(ストリーミング)…ー

オーディオ再生…最大80時間

 

【iPhone13 mini】

ビデオ再生…最大17時間

ビデオ再生(ストリーミング)…最大13時間

オーディオ再生…最大55時間

 

【iPhone13】

ビデオ再生…最大19時間

ビデオ再生(ストリーミング)…最大15時間

オーディオ再生…最大75時間

 

【iPhone13 Pro】

ビデオ再生…最大22時間

ビデオ再生(ストリーミング)…最大20時間

オーディオ再生…最大75時間

 

【iPhone13 Pro Max】

ビデオ再生…最大28時間

ビデオ再生(ストリーミング)…最大25時間

オーディオ再生…95時間

 

Appleの公式サイトによると、iPhone13 Proのバッテリーは最大1.5時間、そしてiPhone13 Pro Maxのバッテリーは最大2.5時間も長く使えるように改善されたと発表しています。

多くの人たちが利用しているストリーミング再生。iPhone13 Pro Maxでは最大で連続25時間も視聴できるだなんて夢のような話ですよね。

このように動画をストリーミングしていても、SNSをたっぷり使ったとしても一日中バッテリーがなくなることを心配せずに安心できるのがうれしいですね。

iPhone13は高速充電できる?

iPhone13シリーズは、iPhone12シリーズと同様、高速充電に対応してます。

しかし、前作のiPhone12シリーズとワイヤレス充電速度は変わりません。バッテリーの容量が大きくなるということは、それだけ充電にかかる時間も長くなるということ。そのため、iPhone13シリーズは従来のタイプよりもより長い充電時間が必要です。

Appleの公式サイトによると、別売りの20W以上のアダプタを使用することで30分で最大50%の充電ができると公表しているので、使うアクセサリ次第では短時間でフル充電することができます。

iPhoneユーザーの間では、高出力になればなるほどバッテリーの劣化が早まるともいわれているため、高速充電の機能をつけなかったのではと推測されています。

まとめ

iPhone13のバッテリー性能について詳しく解説してきました。新たに搭載された新型チップ・A15 Bionicと内部構造の見直しによるバッテリー容量の増大によって、iPhoneのバッテリー持続時間が飛躍的に長くなりました。

充電する回数が多ければ多いほどバッテリー劣化が進み、スマホの寿命はどんどん短くなるといわれています。一度の充電でより長い時間使えるiPhone13シリーズは、劣化がしにくく長期間使えるスマホといえるでしょう。

今までのiPhone史上最高のバッテリー性能を搭載しているiPhone13シリーズは、テルル各店でも購入いただけます。実機を試したい方もぜひお気軽にお立ち寄り下さい!

テルルではこんな記事も紹介しています

お役立ち情報の他の記事 →

▼テルル補償パック利用規約▼

テルル補償パック(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
テルル補償パック(イクス版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(イクス版) 利用規約 はこちら

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp