新作のiPhone13は買うべき?メリットとデメリットを徹底解説!

2021年9月に発表された新作のiPhone13。デザインや見た目に大きな変化はあまり感じませんが、カメラ機能やディスプレイなど様々な面で進化した最強のiPhoneともいわれています。

そこで、今回はiPhoneユーザーはもちろん、これからiPhoneを使おうと検討している方必見!最新のiPhone13を買うべきかどうかを徹底検証します。購入するメリット・デメリットについて詳しく解説しながら、iPhone13をおすすめする方についてもご紹介します。

iPhone13を購入する4つのメリット

iPhone12などの従来モデルとiPhone13の購入をお悩みの方も多いでしょう。結論から申し上げると、間違いなくiPhone13をおすすめします!その主な4つの理由について詳しくご紹介しましょう。

ノッチ部分が最小化・リフレッシュシートが120Hzに対応

ノッチとは、スマホのディスプレイ上部のカメラ部分が凹んでいる箇所のことで、インカメラや近接センサー、スピーカーなどが集約されています。

iPhone13の全シリーズでは、このノッチ部分を横幅を中心に20%も縮小化することに成功したのです。その結果、iPhone12とディスプレイの大きさ自体に変化はないものの、より大きくディスプレイを使うことができます。

またiPhone13 Proシリーズでは最大120Hzの高速化された「ProMotionリフレッシュシート」が搭載されました。リフレッシュシートとは駆動速度のことで、1秒間に画面を更新できる回数を表します。120Hzは1秒間に120回画面を更新して表示できるのです。

前作のiPhone12シリーズすべてが60Hzでしたので、その倍の画面数を更新できるということ。そのため、ゲーミングスマホのような非常に滑らかで細かな動きにも対応できます。そのほかにも、動画再生やスクロールなどもスムーズに楽しめるでしょう。

最新チップ搭載でより高速化・省エネ性能も格段にアップ

iPhone13すべての機種で最新チップ「A15 Bionic」が搭載されました。Appleの発表によると、この最新チップは世界最速のスマートフォンチップであり、他社よりも50%もパフォーマンス性が高いと唱えています。

また、A15 Bionicを搭載したことにより、省電力性能も大幅にアップしました。

カメラ機能が格段にバージョンアップ

iPhone13シリーズで多くのユーザーが注目しているのが「カメラ機能」の向上です。主なバージョンアップをまとめました。

 

【iPhone13すべてのシリーズ】

  • センサーシフト式手ブレ補正機能を搭載
  • イメージセンサーがサイズアップ
  • シネマティックモード搭載

 

【iPhone13 Pro・iPhone13 Pro Max】

  • マクロ撮影が可能に
  • 3倍光学ズーム搭載
  • 最大4K、60fpsのHDRビデオ撮影が可能

 

これまでiPhone12 Proシリーズのみに搭載していた「センサーシフト式手ブレ補正機能」をすべての機種に搭載しました。またイメージセンサーがサイズアップしたことにより、暗い場所でも少ない光を取り込んで美しい写真や動画を撮影できるようになりました。

シネマティックモードとは、動画撮影中にAIが自動で被写体のピント合わせを行ってくれる新機能です。撮影時はもちろんのこと、撮影終了後もピン送りができるため、奥行きのある動画撮影が可能となりました。

そのほかにも、iPhone13 Proシリーズでは、被写体と2cmの距離から撮影が可能な「マクロ撮影」や3倍の光学ズーム搭載により、遠くの被写体もよりはっきりと撮影ができます。そして最大4K、60fpsのHDRビデオ撮影も可能となりプロ顔負けの映像が撮影可能です。

ストレージ・バッテリー容量が増えてよりパワフルに

今回発表されたiPhone13では、従来展開されていたiPhoneやminiシリーズの64GBは廃止され、新たに512GBが仲間入り、そしてProシリーズではなんと1TBの大容量ストレージがリリースされました。

また、内部構造を大幅に見直し従来よりも大型のバッテリーを搭載し、さらに長時間パワフルに使用できるように進化しました。iPhone12 Pro MaxとiPhone13 Pro Maxの動画ストリーミング継続時間は、最大12時間と最大25時間とその差はなんと13時間。格段にバッテリー性能がアップグレードしていることがわかりますね。

iPhone13を購入するデメリット

ここまでiPhone13の進化について詳しく解説してきました。正直あまりデメリットを感じていないのですが、あえて挙げるとすると次の2つがあります。

価格が従来よりも高め

今回の新作iPhoneは従来よりも高めの値段設定となっているのがデメリットのひとつでしょう。前回のiPhone12と比較すると1〜2万円程度高くなっているため、予算をオーバーしてなかなか手を出せないという方も出てくるのだろうなと想像しています。

しかし、今回のバージョンアップされた内容やバッテリーが大幅に増えたことなどを加味しても、妥当な金額設定なのかなとも思います。下取りや各キャリアで発行しているクーポンなどを利用してなるべく安い価格で購入できるといいですね。

指紋認証がない

コロナウイルスでマスクをつける機会が増えている中、指紋認証の復活が期待されていました。しかし、今回のiPhone13にはFaceIDによる顔認証システムしか搭載されていませんでした。Touch IDが復活は、次回作以降に期待しましょう。

まとめ


iPhone13シリーズを購入する上でのメリット・デメリットについて詳しくご紹介しました。デメリットよりもメリットの方が格段に大きいため、iPhoneの買い替えにお悩みの方はぜひ最新のiPhone13シリーズを検討してくださいね。

テルルではこんな記事も紹介しています

お役立ち情報の他の記事 →

▼テルル補償パック利用規約▼

テルル補償パック(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
テルル補償パック(イクス版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(イクス版) 利用規約 はこちら

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp