ポモドーロテクニックで一気に仕事の生産性を高める

 

ポモドーロテクニックで一気に仕事の生産性を高める

仕事の生産性があがらない!

IMG_1052

やってもやっても終わらない仕事がありませんか?

特に最近は、働き方改革で残業がカットされています。

残業がなくなることそのものは、とくに問題ありませんが

実は仕事の量が減ったわけではないので、就業時間中は

とてつもない忙しさになります。

残業前提の仕事は、ある意味でのんびりしていたのです。

長時間残業に耐えられる人はいませんから、午前中はダラダラと仕事して

のんびり取り組んで、夕方からがんばるという働き方になってしまいがち。

でもそれじゃあ意味がないのです。

そんなとき、定時時間中に一気に仕事を片付ける方法をお伝えします。

ポモドーロテクニックで生産性をあげよう

IMG_1053

ポモドーロテクニックとは、25分単位で仕事するというやりかたです。

タイマーではかって、25分間、仕事をします。

25分の間、集中して行います。

25分が経過したら、次は5分間、強制的に休憩します。

ここで、無理にでも休憩することが大切で「あともうちょっとやりたいな」という

気持ちを押さえて、強引に休みを取ります。

たとえ仕事が終わりかけでも、強制的にストップです。

5分の休憩はあっという間です。

しかしこのインターバルを入れるかどうかで大きく生産性が異なるのです。

これをポモドーロテクニックといい、仕事力をぐっと高めるのに効果的です。

さらにはこの25分ー5分ー25分ー5分のサイクルを繰り返していきます。

そして、15分休憩を入れます。

そうしないと疲れてしまうからです。

休憩でまたじっくり休んで、回復を目指します。

この繰り返しで、どんどん生産性を高めましょう。

アプリでやるならBe Forcused!

IMG_1054

このポモドーロテクニック。

アプリでも実行可能です。

いくつかアプリがありますが、『Be Forcused』がおすすめです。

単純に25分をはかって休憩を繰り返すだけにも使えますし

1日にどの程度働いたかがグラフで見えるので、自己管理にも使えます。

be forcusedは文字通り「集中する」という意味です。

アプリではかるので、正確にポモドーロテクニックを実施できます。

やってみるとわかりますが、本当によくできた仕事スタイルです。

残業がもうできない今、逆に生産性を高めるチャンスとなります。

ポモドーロテクニックで、限られた時間にじっくり仕事へ取り組み

パフォーマンスを高めて、自分の仕事と生活の質を一気に高めましょう。

テルルではこんな記事も紹介しています

アプリやってみたの他の記事 →

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp